オンラインストレージサービスのDropbox

2020年8月1日

スポンサーリンク

5億人以上が利用している人気のDropbox

Dropboxは、無料のオンラインストレージサービスです。全世界で5億人以上が利用している人気のWebサービスです。だけど、2GBまでは無料で利用できますが、2GBを超えると有料になります。

スマートフォンとパソコンを使っている場合、Dropboxを利用することで、スマホでもパソコンでも同じデータを使うことができます。ただし、データを同期するので通信量がかかります。

ジャパネットのスマートフォンを使っていますが、9GBでは足りないので500円で3GBを追加していますが、それでも足りません。なので、Dropboxに限りませんが、オンラインストレージサービスは利用していません。

オンラインストレージサービスには、Wi-Fi環境が必要

スマートフォンをWi-Fiで接続する環境がなければ、オンラインストレージサービスを利用するのは難しいと思います。無制限に利用できるWi-Fi環境があれば、オンラインストレージサービスは便利です。

オンラインストレージサービスに、EvernoteというWebサービスもあります。Evernoteも無料で利用できる人気のWebサービスです。Evernoteは、日本国内だけでも900万人以上が利用していると言われています。

どちらもオンラインストレージサービスなので、使いやすい方を選んでもいいし、両方を使ってもいいと思います。どっちも利用料金が無料で使うこともできます。無料のWebサービスですが、どっちも本格的に使うと有料になってしまいます。

Google フォトが自動で同期しちゃう

ジャパネットのスマートフォンは、ワイモバイルなのでアンドロイドのスマホです。だから、Googleのアカウントが必要なんです。ジャパネットのスマートフォンで写真を撮ると、Google フォトに保存されるみたいなんです。それで、保存先を本体でなくSDカードにしています。

Google フォトに保存しておくと、自動で同期しちゃうみたいなんです。同期は停止できますが、自動同期を停止しないでスマホで写真を撮っていると通信量がかかるんです。スマホのカメラは性能が良くなっているので、容量が大きいんです。それでなくても、月に9GBや12GBでは足りていないので、Google フォトだけでなくGmailなど、全ての同期を停止しています。