レンタルサーバー比較 byはてなブログ

Takakiku.netは、レンタルサーバーを比較できる「はてなブログ」 | https://takakiku.net/

ENEOSのガソリン代を電子マネーのnanacoで支払う

スポンサーリンク

ガソリン代を電子マネーのnanacoで支払う

ガソリン代を電子マネーのnanacoで支払う

 


デビットカードから電子マネーにチャージできる

 セブン銀行のキャッシュカードを持っていて、デビットカードのJCBと電子マネーのnanacoカードが一体になっています。そして、デビットカードのJCBから電子マネーのnanacoカードにネットでチャージすることができました。

 

電子マネーでガソリン代を支払いたい

そうなると、電子マネーのnanacoカードでガソリン代を支払いたくなるんです。それは、現金会員なんだけど、現金で支払うと財布が小銭だらけになるんです。

 

クレジットカードで支払うとガソリン代が割高になるし、QUOカードだと何枚も買わなければならない上に残金が少なくなったQUOカードだと面倒な気がする。

 

電子マネーでガソリン代を支払うことができる

最近になって電子マネーでガソリン代を支払うことができると知ったんです。電子マネーなら、残金が少なくなったらチャージすればいい。それに、電子マネーのnanacoカードにデビットカードのJCBでチャージできるんです。

 

調べてみると、nanacoカードがENEOSで使えるとわかったんです。それで、近くのENEOSでnanacoカードでガソリンを入れてみました。

 

ENEOSでnanacoカードでガソリンを入れる

大人なので失敗するんじゃないか?と、ちょっとドキドキしながらENEOSに行って、ENEOSの現金会員のカードを入れようとすると、画面に電子マネーで支払うボタンがあって、思わず押しちゃいました。

 

まだ、ENEOSの現金会員のカードを入れて入れていないんだけどと思っていると、店員さんが1円引きにしてくれたので、そのままガソリンを入れることにして、nanacoカードをかざしました。

 

清算して残金をチャージして戻してくれる

そうしたら、14300円も支払う羽目になりました。でも、実際にガソリンを入れ終わった後に、nanacoカードをかざすと清算して残金をチャージして戻してくれるんです。

 

14300円も支払うことになったのは、レギュラー満タンを選択したからです。金額を指定すれば、その金額を支払うことになります。数量を指定すれば、数量×1L当たりのガソリン単価で必要となる金額を支払うことになります。

 

どの場合も、支払った金額と実際に入れたガソリン代の差額が電子マネーにチャージされ戻されます。ですので、電子マネーでガソリン代を支払う場合は、必ずガソリン入れ終わった後で、電子マネーをかざしてチャージぢてください。

 

ガソリン入れ終わったら、電子マネーをかざそう!

差額がなくて、チャージされない場合もあると思いますが、ガソリン入れ終わったら、電子マネーをかざす習慣にした方が間違いありません。

 

以前、3000円ずつガソリンを入れていて、たまたま3000円がなくて1万円入れたのに、お釣りを取らないで家に帰ったことがあります。いつもピッタリ3000円でお釣りを取る習慣がなかったからです。

 

つまり、ガソリン入れ終わったら、電子マネーをかざす習慣にしておいた法がいいんです。セブン銀行の通帳アプリで確認してみたら、nanacoの履歴が14300円の支払いと11244円のチャージになっていた。差額の3056円がガソリン代なんだけど分かりにくいです。