レンタルサーバー比較 byはてなブログ

Takakiku.netは、レンタルサーバーを比較できる「はてなブログ」 | https://takakiku.net/

セブン銀行のJCBデビットのPayPalコードを確認する

スポンサーリンク

JCBデビットのカードPayPalコードを確認する方法

JCBデビットのカードPayPalコードを確認する方法

 

JCBデビットカードが「おさいぽ!」で使えない

セブン銀行のJCBデビットカードが「おさいぽ!」で使えないんです。日本のセブン銀行の日本のJCBカードなのに、日本のGMOグループの「おさいぽ!」で使えないんです。

 

GMOグループの「ムームードメイン」、同じくGMOグループのレンタルサーバーの「ロリポップ」では使えたので、「おさいぽ!」を通さずに決済しました。

 

昨日、楽天銀行のVISAデビットカードを試してみたら、何の問題もなく「おさいぽ!」で使えたんです。JCBデビットカードだと、海外で発行されたカードは使えないって意味のことが表示されるんです。

 

JCBカードは、日本ではVISAより強くあって欲しい

だけど、JCBカードよりVISAカードの方が海外のカードじゃないの?と思うんです。「おさいぽ!」で使えないJCBデビットカードもアメリカの会社であるPayPalに登録して、PayPalで決済すれば大丈夫なんです。

 

VISAカードとか、PayPalとか、海外の会社を通せば決済できるなんて、日本のJCBを使う意味がない気がしませんか?

 

 VISAカードを使えば、PayPalを使う必要はないだけど、予備のカードとしてJCBデビットカードを持ち続けるつもりです。JCBデビットカード+PayPalで使うことがあるかもしれません。

 

PayPalは、カードの番号を登録しないので安全性が高い

そんなPayPalですが、個人なら無料で使えます。クレジットカードやデビットカードの番号などを登録しない済むので安全性が高いと言われています。

 

JCBカードやVISAカードが使えても、安全性の高いPayPalを使っている人も少なくありません。だけど、アカウントを認証しないと限度が解除できないんです。普通に個人で使う分には、限度額を解除しなくても問題ないかもしれません。

 

それでも、アカウントを認証しておいた方がいいし、限度額だって解除できるのなら解除しておきたいものです。

 

アカウントを認証して限度額を解除するには、PayPalコードが必要です。PayPalコードは、4桁の数字です。PayPalが200円を引き落とします。そのとき、PayPalコードが表示されます。

 

「デビット利用」が「PP※1234CODE」の表示になる

だけど、セブン銀行には通帳がありません。スマホの通帳アプリで確認してみると、「デビット利用」としか書いてありません。これではアカウントを認証することができません。そう思って、いろいろ確認してみますが分かりません。

 

そして、2日~3日すると、「デビット利用」がPP※1234CODEに変わっていたんです。1234がPayPalコードなんです

 

つまり、2日~3日待てば、セブン銀行の通帳アプリで確認できるんです。これは、セブン銀行に限ったことではなく、ほとんどのネット銀行でも同じだと思います。

 

通帳があれば、店舗に行って記帳しなければならないけど、ネット銀行なら、スマートフォンや自宅のパソコンで確認できるので便利です。